ABOUT US私たちについて

 洋菓子や焼き菓子と聞くと、何か特別なときに、特別な人のために作られたイメージがあるかもしれません。ケーキは誕生日などのイベントが思い浮かびますし、華やかな焼き菓子は自分へのねぎらいや大切な誰かへの贈りものになります。
ただ、今私たちが口にする焼き菓子のルーツをたどると、その多くは何気ない日々の生活の中から自然と生まれたものが原型だといわれています。
たとえば昔、修道院では、卵の白身を洗濯の糊づけに利用して、余った黄身を使ってエッグタルトなどのお菓子を作っていたそうです。
生活を営む部分からこぼれ落ちたものを、日々を彩るお菓子にしようと考えた修道院の人々の心の中に、生きることを楽しむ余裕や遊び心、そして可愛らしささえも感じてしまいます。
私たちの焼くお菓子は、自分たちの生活を愛で、ただシンプルに生きた昔の人々の知恵や純粋さに大きく影響を受けました。

 世界中のレシピを使ってジャンルにとらわれない美味しさを追求し、フルーツや素材の個性をそのまま味わえるように作った焼き菓子のその穏やかな甘みからは、手間をかけたおいしさと家庭的なやさしさを感じていただけると思います。

 日々の生活を楽しむ余裕の中に、お菓子は生まれます。その余裕を誰かと分かち合いたいときに、人はお菓子を手にします。余裕は、人の心から溢れ出た愛の一部で、お菓子はその愛を誰かに与えるときの代替品になるのでしょう。
私たちのささやかな思いの結晶が、それを手にした方々の日々の中で自然に幸せを紡ぐことを願っています。